サイナスリフト インプラント 骨造成 再生療法

2018-08-08

昭島駅 南口 すみたけ歯科 院長 角竹 功次です。

先週より私は診療のお休みをいただき、カンボジアに行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

カンボジアのシェムリアップ空港に到着

 

カンボジアに観光に行ったのではなく、今回は、研修をしてきました。

今回の講師は、情熱大陸にも出演されたことのある
https://www.mbs.jp/jounetsu/2016/02_21.shtml
『岩田 雅裕 先生』
5月にも私はお世話になりました。

研修内容は、
海外の歯科事情、医療環境での口腔外科の手術の見学と、
サイナスリフトというインプラントのための処置について習得してきました。

その合間を縫って孤児院への慰問、アンコールワットなどの遺跡群の見学にも少しにも行くことが出来ました。

孤児院の子供たちに日本から持って行ったお菓子が大好評!!

口腔外科の見学は2件あり、腫瘍の摘出術と口蓋裂の閉鎖術というものでした。

サイナスリフトについては、メインオペレーターを2件勤め、その他3件を手術助手、見学を経験しました。

サイナスリフトとは、上あごの骨が、生理的に、歯周病などで病的になくなってしまった場合に行う手術で、副鼻腔内(上顎洞)に骨を造成(再生)させることによって、通常ではインプラントが困難な場所にインプラント治療を可能にしていく方法です。

そのほかにもインプラントが無理と言われた患者さんでも、インプラントを可能になるかもしれません。
ぜひ、ご相談ください。

 

 

最後に、私の留守の間、診療をし当院を守ってくれた当院のメンバーに感謝。

そして、予約の取りづらい中、ご理解くださる患者さんにも感謝いたします。

今回習得した技術を生かし、より良い治療を提供してまります。

今後も、すみたけ歯科 をよろしくお願いいたします。

 

 

 

日中のハードスケジュールの後、夜のホットひと時
アンコールワット遺跡群

ドリアンも体験
帰国直前に岩田先生にサインをいただき、帰国


カテゴリー すみたけ歯科