インプラントの歯槽膿漏?

2017-06-19

地域の皆さまに支えられ
おかげさまで、
早いものでもうすぐ7周年 感謝感謝の すみたけ歯科 院長 の 角竹功次 です。

 

昨日は、インプラントの勉強に行ってきました。

〖昨日の講習会の資料〗

〖千葉県松戸市
日本大学松戸市学部付属病院にて〗

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、
歯周病(歯槽膿漏)はご存知ですか?

歯がぐらぐらする。
歯茎から出血する。
歯茎から膿が出る。
というのはご存知だと思いますが、
最終的には歯がに受け落ちてしまう病気で、

ギネスブックにも乗っている、人類が一番多くかかっている感染症です。

そして、
インプラントにも歯周病があるのはご存知でしょうか?
正式には歯周病ではなく、

インプラント粘膜炎
インプラント周囲炎

といいます。

インプラントは、患者さんにとって、非常に有益なもので、
よく噛める、元の歯が戻ってきた、
という表現されることが良くあります。

歯科治療全般言えることですが、
治療そのものも重要ですが、

治療後のケアも重要になってきます。

インプラントもケアが重要です。

歯科医院で入れてもらったら、そのまま!!
痛みが無いからそのまま!!
痛くなったら歯科医院に!!
忙しから後回し!!

になっていませんか?

インプラント周囲炎(インプラント歯周病)
も、そんな後回し(放置)から起きていることが多いようです。

「しっかり治したから、しばらく歯科医院に行かなくてもいいっかー」

がまずいわけです。

定期チェックで早くインプラント歯周病が見つかれば、
重症化する前に対処でき、
インプラントを救うことが出来ます。

重症化すると、インプラントを抜歯(撤去)しなければいけない事態になることも…
定期チェック、
早期発見、
早期治療、
がインプラントにも重要です。

「他の医院で入れてもらったインプラントだけどどうしよう?」
と悩まれている方多いかもしれません。

勿論インプラントを受けられた医院でメンテナンスを受けられるのが一番良いわけですが、
患者さんにもいろいろ事情があるかと思います。

そんな時、まず通いやすい歯科医院で良いので、
まず歯科医医院に足を運んでもらうことが重要です。

安心安全にインプラントを!!

〖丸一日勉強して、しっかり終了証を頂きました。〗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、国会でも、
全身の健康に歯科検診、定期メンテナンス
が、重要である。

ということが取り上げられていましたが、
世界的には、全身の健康と歯が重要であることは認知されています。

特に先進国では‼

日本は先進国?

歯と体の健康に関しては先進国と同等レベルには行っていないかもしれません。

国民の歯に対する意識を先進国並みに!!
日々そんなことを思い描いている。

角竹功次(スミタケ コウジ)でした。

 


カテゴリー すみたけ歯科