総入れ歯

2018-04-08

春が到来し、桜が咲き、東京ではもう散ってしまいましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私 すみたけ歯科 院長 角竹功次は、
昨日実家の飛騨高山に日帰りで行ってきました。
高山は、約標高500メートルですので、まだまだ寒い日々が続いており、
やっと桜が咲き始め多様です。

そんな時期に雪!!
びっくりされるかもしれませんが…


今週末より、日本三大山車祭りである、高山祭が開催されます(4/14~4/15)
毎年ではないですが、数年に一回ですが、そんな祭りの時期に雪が降ることがあります。
日本は国土としては大きくないですが、場所によって季節感がずいぶん違いますね。

そして、今日は、東京も肌寒かったですね。

そんな中、私は神田まで、
総入れ歯(総義歯と私たちは言います。)の勉強に行ってまいりました。
今回は写真新撮影禁止でしたので、
トップ画面のみ!

本日は、
3人の若手講師
(若手と言っても20代とかではなく30代後半、ほぼ私と同じ年代)
の方からご教授いただきました。

自分と同年代の方たちが、教える立場になっていると、
『自分もも勉強しなければと!!』と少し焦りますが…

①総入れ歯作成の基本とポイント

②BPSというシステムを使った見た目と使い勝手を向上させた入れ歯

③インプラントオーバーデンチャー
(インプラントを利用して入れ歯を安定させる)

でした。

①では、
学生時代に習ってはいるものの、改めて入れ歯をつくるときに重要な要素を復習し、
明日からの治療に生かせる内容が満載でとても勉強になりました。

②では、
特殊な入れ歯の方法になりますが、
入れ歯と分からないくらい、天然の歯と見間違うくらい、きれいな入れ歯が出来上がっていました。BPSできれいな入れ歯を入れると、患者さんの笑顔も輝いていました。

③では、
インプラントを支えに使った入れ歯の講義でしたが、
インプラントの上に入れ歯を乗っける感じになるのですが、
とにかく噛めるようになるようです。
そして、今は治療をする年齢も高年齢化していて、
90代でもインプラント治療を希望される方がいらっしゃるようです。

今日勉強したことを明日からも治療に生かして、
さらに良い入れ歯治療をしていきます。

すみたけ歯科では、『入れ歯』にも力を入れてますよ。

入れ歯でうまく噛めない方、
入れ歯が外れやすい方。
その他、入れ歯でお悩みの方
ご相談ください。

今後もすみたけ歯科をよろしくお願いいたします。


カテゴリー すみたけ歯科