今日は節分👹

2020-02-03

すみたけ歯科 静香です。

今日 2月3日節分です!!

色々調べてみましたww

今年は、一粒万倍日:物事をスタートするのにとってもいい日:金銭事・新規事業・物を収納
節分とは・・・季節を分けるという意味

季節を分ける日は1年間に4回あるんです・・・春夏秋冬
春『立春』夏『立夏』秋『立秋』冬『立冬』 春夏秋冬それぞれの季節が始まる前日を節分っていうんです。

豆まきはもともと中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて、その鬼を払う儀式として行われたようです。

鬼山物を追い払うために使うのは豆(大豆)で、古来より日本では穀物には【邪気を払う力がある】とされています。

また、豆(まめ)=魔目(まめ・鬼の目という意味)や、豆(まめ)=魔滅(まめ・魔物を滅するという意味)のロゴ合わせもあり、豆を鬼にぶつけることで邪気を払い、無病息災を願うようになったと言われています。

豆まき・・・
玄関から一番遠い部屋から玄関に向かって豆まきをする方法。
鬼が出入りする邦楽である東北(鬼門)から鬼を追い出すので、一番遠い南西から始めて東北を最後にする場合

最初に東北にまく場合

地域によってさまざまのようです・・・。

大豆のところもあれば落花生の地域もあります

 

豆まきの豆は必ず炒ってから使いましょう・・・
拾うのを忘れて芽が出る可能性もあるからです。まいた豆から芽が出てくるのは縁起が悪い、災難がふりかかるともいわれています。
また、『豆を炒る』=『魔目を射る』にも通じるとか・・・

豆まきのために炒った豆は『福豆』とも呼ばれそれを食べることで体に福を取り込み、一年間健康に過ごせると言われています。

食べる豆の数は『数え年の数』

 

2020年恵方の方角

西南西(やや西)【丙:ひのえ】

節分の方角(恵方)は4種しかない・・・実は16方位に対し4種類の方角しかない!!Σ(・ω・ノ)ノ!
節分の日に恵方を見て恵方巻を見て食べるとよい1年が送れる

甲:きのえ  北北西(やや北)

庚:かのえ  南南東(やや南)

丙:ひのえ  西南西(やや西)

壬:みずのえ 東北東(やや東)

ですって・・・知ってました???(*´∀`*)(私、知らなかった・・・)

↑これはエクレア(*’ω’*)昨日食べましたww

恵方巻の食べ方

神様がいる方角が恵方!!食べてる途中でよそ見をしてはダメです!!正座して!!

黙って食べないと御利益が得られない・・・という都市伝説も・・・食べる前にニコッと笑みを、目をつぶって心の中でお願いごとをしながら食べるといいとか

一本丸ごと一気に食べるべし・・・切ったら縁が切れるっていう話も・・・口から離さないといいらしい。ということはしょうゆは二度つけ禁止です!!

恵方巻の具材の決まり・・・Σ(・ω・ノ)ノ! 七福神と関係があるんですって。

★きゅうり 恵比寿さま 九の利を得て商売繁盛 商売繁盛

★伊達巻 大黒天さま 黄色は金運アップ 財福・金運アップ・食物

★シイタケ 福禄寿さま 大きな耳たぶはふっくらと炊いたシイタケ 長寿・財産・幸福

★鰻(アナゴ) 寿老人さま 身の長い穴子は『永続』を象徴 長寿延命・病気を治す

★桜でんぶ 布袋さま 幸せを連想する桜色 笑門福来・夫婦円満・子宝の神

★高野豆腐 毘沙門天さま 原料である大豆は邪気をとる 勝負事・財宝・知恵

★かんぴょう 弁財天さま 弁財天の羽織る羽衣が長いかんぴょうに似ている 縁結び・財福・音楽

今ではいろんな恵方巻が流通していますね・・・西南西を向いて、心の中で願いごとしながら食べたらいいと思います!!


カテゴリー すみたけ歯科