銀歯を白く・差し歯治療・前歯の治療|「昭島駅0分」すみたけ歯科 土曜も診療 昭島市の歯医者 立川市

042-519-1148

東京都昭島市2-3-16 2F

診療時間 9:00 ~ 19:00 休診日 火曜・祝日

Dental Esthetics / 審美歯科

マイクロスープ(歯科用顕微鏡)を活用した、精密審美歯科治療。「銀歯」を「白く」しませんか?

マイクロスコープによる高精度の治療!!

マイクロ

マイクロ機器

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とはその名の通り、

「治療部分を高倍率で拡大する」最新機器です。

歯の治療は非常に繊細を極めます。肉眼でも治療

は可能ですが、その精度は歯科用顕微鏡には到底

及びません。私も歯科用顕微鏡を導入し、実際に

治療を始めた時は、「見える!!見えるぞっ!!」

と驚きを隠せなかったことを今でも鮮明に憶えて

います。

 

審美歯科治療(差し歯)は、セラミックの詰め物・かぶせ物を利用して、歯の色・形・歯並びなどを美しく整える治療です。単に歯を削って詰め物・かぶせ物をする治療とは次元が異なります。

 

マイクロ3

ここでは、審美歯科治療でマイクロスコープを

活用するメリットをご紹介したいと思います。

各種工程で利用するのですが、主に「支台形成」

という工程でマイクロスコープを利用します。

支台形成とは、詰め物・かぶせ物の土台となる

部分を作る工程です。

この工程の精度次第で、かぶせ物・詰め物の形態

が決まってしまいますので、非常に精度が要求

される工程となります。

 

この支台形成の工程でマイクロスコープを利用することで、肉眼で治療する場合と比較し次のような違いが生まれます。

 

1、ミクロン単位での正確な微調整が可能

美しいかぶせ物等を作成するためには、歯を削る量が少なすぎても多すぎてもいけません。

歯の中には神経がありますので、大きく削りすぎると神経を痛めてしまいます。かといって小さく削ると、どうしても出来上がるかぶせ物等が大きくなってしまいますので、審美性を獲得することはできません。マイクロスコープを利用すれば、肉眼と異なり、この微妙な調整がミクロン単位で可能となります。

 

また、他院で審美歯科治療をされた方からよく受ける相談が、「歯と歯肉との継ぎ目が黒く見えてカッコ悪いので何とかしてほしい」というものです。下記のような症例ですね。

ミクロン単位

これは型取りの際、歯肉下に隠れている歯をしっかり削り込んでいないことが原因です。

理想的には歯肉の中約0.8mm下まで削り込むことでこの問題が解消されます。

これは肉眼ではなかなか正確に調整するのは難しい部分なのですが、マイクロスコープを利用することで正確に調整可能となります。

 

2、隣接する歯や歯肉を傷つけない

歯を削る際、治療対象ではない隣の歯や歯肉を誤って傷つけてしまう事があります。審美歯科治療では、たとえ1本の歯を治療する場合でも、他の歯の色・形、歯肉のバランスなど、お口全体のバランス(色・形)を考える必要がありますので、治療の際に他の歯や歯肉を傷つけてしまうと、お口全体のバランスが微妙に崩れ「口元の美」が達成されない場合があります。マイクロスコープを利用することでこのような事故は未然に防ぐことが可能になります。

 

 

 

+すみたけ歯科が考える「口元の美への方程式」

院長2

審美歯科治療は非常に繊細な技術を要しますので、

ドクターと歯科技工士の腕と経験がものをいう治療

となります。

 

患者様にとっては単に「白い詰め物・かぶせ物」を

入れるだけではないのと思われるかもしれませんが、

それは違います。

 

口元の美を獲得するための最低条件は、「いかに天然歯と見分けがつかない歯が作れるか」です。白い歯を作ればいいというものではありません。その歯がお口に入った時に違和感がなく、全体との色合い・形が調和して初めて「美」の獲得ができるのです。

「人工物」と他人に見破られてしまったら、我々の敗北です。

 

審美歯科治療の成功・不成功のカギを握るのは、見えるところだけではなく、

見えないところにもいかにこだわれるか。

これがポイントです。

 

当院が実施している「美の方程式」をこれからご紹介致します。

 

「自然美」の追求

審美歯科の「匠」治療工程

 

 

 

方程式1 当院が追求する「自然美」とは

下の画像をご覧ください。

あなたが求める歯はどちらですか?

自然美1 自然美1

「左」の画像を選択された方。

もしこの歯をお口に入れた場合、次のような口元になります。

口元1

「右」の画像を選択された方。

この歯をお口に入れた場合、次のような口元になります。

 

口元2

 

第三者から見た場合、どちらの方が美しく見えると思いますか?

人それぞれ「感性」が異なりますので一概には言えませんが、多くの方が「右」の画像を選択すると思います。なぜでしょうか?

 

これは口元全体の色の「バランス」が関係しています。

もっと具体的にお伝えしますと、「いかに自然な口元であるかどうか」です。

 

審美歯科治療では、「色」「形」が自由自在にコントロールできます。

雑誌を持ってきていただき「このモデルさんのような歯にしたい」とお伝え頂ければその通りに色と形を再現することが出来ます。

 

院長1

しかし、皆さんに1つ理解して頂きたい

ことがあります。

それは、口元の美しさは「歯」だけでは達成

できないという事を。

 

歯は美を作り出す1つのパーツにすぎません。

その他にも、肌の色、性別、年齢、顔貌、唇、

歯茎なども関係し、これら全てが合わさること

で初めて「あなたらしい」自然な美しさが生まれます。

 

つまり、歯以外の美の要素をまずは把握し、それに調和する歯はどのような色なのか、どのような形なのかを考えていくことが重要になるのです。

 

そのため、真っ白な歯よりも、少し黄ばみを入れた方が自然な美しさに仕上がることもありますし、1本だけの治療の場合、他の歯との色合いや形のバランスを取った方がいいこともあります。

ビフォアー アフター1

もちろん、最終的には患者様の理想通りにいたします。

しかし、ここでお話しした「あなたらしい自然な美しさ(自然美)」というものが存在し、それを私たちがご提案し創造することができるということをご理解頂けたらと思っております。

 

 

卓越した技術を持った「審美歯科の匠」

技工士3

技工士2

皆様はあまりご存じないかもしれませんが、詰め物・

かぶせ物は歯科技工所という別のところで作成します。

1から100まですべて歯科医師が作るわけではありません。

つまり、いくら歯科医師の能力が高くとも、連携している

歯科技工所の能力が高くなければ決してよい技工物

(詰め物・かぶせ物)は作れないということです。

したがって、どの技工所と連携しているかで詰め物・かぶせ物

の良し悪しが変わってきます。当院では、「トリニティーピーク」

という歯科技工所さんと連携し、詰め物・かぶせ物

を作成しています。代表の歯科技工士さんに今回お話を伺ってき

ましたので、詳しくは対談をご参照ください。

 

 

綿密に計算された治療工程

分析

詰め物・かぶせ物を1つ作るのに、たくさんの工程を踏んでいきます。

その中で、当院がこだわっている工程を1つご紹介いたします。

 

治療工程の中に「プロビジョナルストレーション」という工程があります。

これは精密に作成した「仮歯」をお口に装着し、審美性・機能性をチェックしていく工程です。「審美性に問題はないか」「咬み合わせは適切か」「しっかり咬むことができるのか」

「長期間機能するものであるのか」などを検証し、不具合がある場合は随時改善し、ドクター、そして患者さまが納得されるまで何度もこの工程を繰り返します

 

この工程を踏むことで、患者様に一番適した仮歯が出来上がります。

あとは、その仮歯を忠実に模写した最終のかぶせ物を作ることで完成となります。

治療フロー図

 

 

 

+あなたに適した審美歯科治療は・・・?

審美歯科治療は、歯の「色」だけでなく、「形」「歯並び」の改善も可能です。

以下、当院で治療した症例をご紹介いたしますので、治療後のイメージの参考にしていただけたらと思います。

 

銀歯の色が気になる 歯の隙間が気になる

歯の形が気になる 天然歯の色が気になる

 

 

お悩み 銀歯の色が気になる

このようなご要望にはセラミック素材の「詰め物(インレー)」「かぶせ物(クラウン)」をお勧めします。下記の画像は銀歯の詰め物(インレー)をセラミック素材の詰め物(インレー)に差し替えた症例です。

 

ビフォアー アフター

下記の画像は銀歯のかぶせ物(クラウン)をセラミック素材のかぶせ物(クラウン)に差し替えた症例です。

ビフォアー アフター

一口にセラミックと言いましても複数の種類があります。

詳しくは料金表に記載していますのでそちらをご参照ください。

 

 

 

 

お悩み 歯の隙間が気になる

歯の隙間を改善する方法として「矯正歯科治療」をイメージされる方も多いかと思いますが、審美歯科治療でも対応が可能です。オールセラミック法(セラミックのかぶせ物)を利用します。下記の画像はセラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物)で「歯の白さ」と「歯の隙間」を改善した症例です。

ビフォアー アフター1

 

 

お悩み 歯の形が気になる

審美歯科治療では「歯の形」も変化させることができます。

オールセラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物)を利用します。

下記の画像はオールセラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物)で「歯の白さ」と「歯の形」を改善させた症例です。

ビフォアー アフター2

歯の形・歯の大きさは、あなたが思っているよりもその人の個性を際立たせます。

 

 

 

ナチュラル型

ナチュラル型

日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯と、ない歯とが混在しています。最も無難で自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

 

ストレート型

ストレート型

白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

 

 

クローズ型

クローズ型

日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。出っ歯を治したい人、女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。 

 

スマイルライン型

スマイルライン型

下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。 世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。  

 

このように「歯の形」「歯の大きさ」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまう事があります。当院では、このようなことも考慮した上でのご提案・治療を行っております。

 

 

お悩み 天然歯の色が気になる

タバコ、コーヒー、お茶、ワイン、カレーなど飲食物には着色しやすいものがあります。審美歯科治療でも対応可能ですが、より手軽により安くできるものに「ホワイトニング(薬剤を使った治療)」がありますのでそちらをご紹介します。

ホワイトニングの症例

ビフォアー アフター3

ビフォアー アフター4

ホワイトニングに関しての詳細はホワイトニングをご参照ください。

 

 

 

+審美歯科Q&A

審美歯科治療とホワイトニングの違いは・・・?

 

「審美歯科とホワイトニングでは何が違うのですか?」というご質問をよく患者様から受けます。「歯を白く綺麗にする」ことは同じなのですが、その「やり方」が異なります。

 

審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくするための治療です。ホワイトニングと異なり、「後戻り」することはなく、白さは半永久的に持続します。しかし、つめ物・かぶせ物を用いた治療となりますので、「歯を削る」必要があることがホワイトニング(薬剤を利用し歯を削りません)と異なる部分です。

 

当院では審美歯科やホワイトニング以外にも、歯肉を綺麗なピンク色に戻す「ガムピーリング」、神経が失われたことで黒くなってしまった歯を白くする「ウォーキングブリーチ」なども行っています。それぞれご紹介します。

 

黄ばんだ歯を「薬剤」で理想の白さへ

 

自宅でホワイトニング医院でホワイトニング自宅と医院でホワイトニング

 

黒く変色した歯を白く

ビフォアー アフター1
詳細を見る

黒ずんだ歯茎をピンク色に

ビフォアー アフター2
詳細を見る

 

 

 

 

個別相談のご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料相談

インターネット予約

Tel 042-519-1148 昭島駅から徒歩0分

東京都昭島市2-3-16 2F

診療時間

※土曜日の午後診療時間:14:00〜17:00
※祝日のある週の土曜日は平日診療いたします。

 

 

+患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。

ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

 

 

+症例集

症例はこちらをご参照ください。

 

 

+料金体系

料金体系は料金表をご参照ください。