対談|「昭島駅0分」すみたけ歯科|土曜も診療 昭島市の歯医者 立川市

042-519-1148

東京都昭島市2-3-16 2F

診療時間 9:00 ~ 19:00 休診日 火曜・祝日

Interview / 対談

■院長メッセージ 院長 角竹 功次■歯科技工士メッセージ 歯科技工士-トリニティピークー

 

 

+ドクターメッセージ

院長 角竹 功次

 

■どのような治療を目標とされていますか?

 

ひと言でいうと、

患者様が3の成果を期待されているとしたら、10の成果をご提供する治療」を目標としています。

 

院長2

これは私の性格でもありますが、それよりも

「医療」に携わる人間の使命として、常に高い

ハードルを課し、それを乗り越えていく「習慣」

が大切だと考えています。

これを継続することでおのずと治療技術は向上

します。

中途半端な気持ちで「医療」に携わることは

私にはできません。

 

■診療スタイルについて、お聞かせください。

 

「お口の中の悪いところを、時間をかけて丁寧に、正確に治す」。

患者様に最も喜ばれるこの治療が行える歯科医は、世の中に数多く存在します。

しかし、それができるのに、実施していないドクターも存在します。

 

私はそういうドクターにはなりたくはありません。

 

決して妥協せず、患者様に最善の治療をご提供する」という姿勢を常に保ち続ける事

これが私の診療スタイルの基本です。

 

 

■患者様とどのように接していますか?

 

私は患者様に限らず、歯科に関する職業全ての方とも対等な関係でお付き合いさせて頂いております。当院に上下関係のようなものは一切、存在しません。

 

院長3

患者様には「ともに病と闘う同志」として、常に忌憚のない説明を心がけています。

少しオーバーかもしれませんが、気持ちではなく「魂で接する」。

そのような関係を、全ての患者様とこれからも築きたいと思っています。

 

 

■最後に一言お願いします

院長4

 

天然歯はお金に代えられない財産」という

認識を、ぜひお持ちください。

それも「お金と違って、失ったら二度と戻らない財産」

というくらいの受け止め方が、絶対に必要です。

 

たとえ1本の歯だとしても、私は全力で処置します。

最後まで決して諦めません。

 

1本1本最後まであきらめませんので、時には治療に時間がかかってしまう事もあるかもしれません。しかし、通ってくださる患者様のためにも、そして、最後には「頑張って治療して良かった」と思って頂くためにも、妥協はしません。

 

ご自身の歯を守りたい方、

全面的に協力させて頂きます。

 

 

 

+歯科技工士メッセージ

歯科技工士-トリニティピークー

 

+トリニティピークという名前にはどんな意味が込められているのですか?

 

トリニティとは「三位一体」という意味です。これは、三者が緊密に結びつき心を合わせて一つになるという意味です。ピークという言葉には、歯科治療の高みという意味を込めました。患者さん、ドクターをはじめとするスタッフの皆さん、そして技工士が三位一体となり、理想の口腔内を創っていきたいと願っています。

 

この三位の中で、わたしたち歯科技工士はゴールキーパーであると思っています。

 

ゴールキーパーは、どんな状況が訪れても最善の判断をし、チームを守りきる責任を負っています。最高の治療における砦として、常に患者さんにとって最適な形を創り出しています。

 

 

+これまでの技工士人生で何かターニングポイントはありましたか?

 

一般的には、歯科技工士は技工士学校を卒業すると歯科技工所に勤務するのですが、患者さん・ドクターの声が常に聴けるように、私はあえて歯科医院に勤務していました。

 

技工士2

ここでは多くの経験をさせていただきましたが、

中でも忘れられない患者さんがいます。

 

「前歯を作って欲しいの。私も技工士だったのよ。」

とおっしゃった女性でした。技工士としての先輩

でもある患者さんに、ご満足いただける技工物を

作らなければという思いで技工物を完成させ、

緊張しながら口腔内にセットしました。

 

患者さんは技工物の出来について何もおっしゃいませんでしたが、「せっかく作ってくれたのはわかるけど、こんな歯をつけるのは嫌だ。」という表情がすべてを物語っていました。やり直す機会もいただけず、曇ったお顔でお会計を済ませお帰りになるのを見送ったとき、「これまで何をやってきたんだ」と自分の鍛錬の甘さを思い知らされました。「ただ単に熱心に机に向かっているだけでは、患者さんが本当に必要とする技工物は創れない。お口に入れば技工物は患者さんの一部であり、常に患者さんの体の一部を創っているという責任感をもってこの仕事に向き合わなければならない。歯科技工は製造業ではない。」と改めて気づかされました。

 

歯科医院勤務時代は自分にとって非常に大変な時期でしたが、この経験が三位一体の治療を目指す私の原点になっています。あの患者さんに出会えたからこそ、今では患者さんに満面の笑顔で「ありがとう」といってもらえる歯科技工士になれたと思っています。

 

 

+すみたけ歯科と共に仕事をして何か感じることはありますか?

 

お互い言葉にはしませんが、緊張感を持って「勝負」している感覚です。

院長先生は厳しい眼で指摘をしてくださりますし、先生ご自身も妥協を許さない方なので一緒にやっていていつも新鮮な面白さがあります。

 

先生と仕事していると、一つ一つの作業からも「患者さんに最高の治療を提供したい」という熱い思いが伝わってきます。

 

技工士3

例えば、歯型の採得においてもその情熱を垣間見る

ことができます。

歯型の採得は一見何気なく行われていますが、

技工物(入れ歯・かぶせ物)制作の根本になって

いますし、非常に技術の要る作業です。歯型を土台

にして技工物を作っていくので、その歯型が精密な

ものでなければ当然、完成品もお口に合わないものが

出来上がります。

ですから患者さんにとって完璧な技工物を作るために、

歯科医院から送られてくる患者さんの歯型が精密な

ものでなければ、再度、歯型の採り直しを依頼することもあります。

 

歯型の再採得は通常は嫌がられます。

なぜなら、時間と手間が再度発生してしまうためです。

より、その重要性を理解しながらも、「今あるものでやってください」とおっしゃるドクターが多いのが実情です。

 

しかし角竹先生はすぐに歯型を採り直してくださります。

 

このように技工士の依頼を聴いてくださり、どんな些細な誤差も必ずクリアにして治療を進めていくドクターにはなかなか出会えません。

 

また、難しい症例の場合は、患者さんの許可をいただいて立ち合いもさせてくださります。立ち合いとは、私たち技工士が医院に行って実際に患者さんの口腔内を見せていただくことです。写真だけでなく、自分の目で歯の並び方や噛み合わせ、色などを確かめることで、手がける技工物の完成度はまったく違ってきます。

 

こちらも生産性を重視するドクターにとっては手間なので、最高の治療への執着のあるドクターしか立ち合いを積極的に受け入れてはくれません。

 

その場しのぎではなく、患者さんのお口の健康のため真摯な姿勢で臨む角竹先生と共に歯科医療を提供していけることを誇りに思い、かつ感謝しています。

 

 

 

個別相談のご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料相談

インターネット予約

Tel 042-519-1148 昭島駅から徒歩0分

東京都昭島市2-3-16 2F

診療時間

※土曜日の午後診療時間:14:00〜17:00
※祝日のある週の土曜日は平日診療いたします。

 

 

+患者様の声

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。

ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

 

 

+症例集

症例はこちらをご参照ください。

 

 

+料金体系

料金体系は料金表をご参照ください。